スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

It Don't Mean a Thing - Duke Ellington


Dr. Johnがやると、エリントンもこんなにファンキーって感じです。これが入っているアルバム「Duke Elegant」は傑作でした。


同じ曲をなんと日本の女子高生がやってますね。こちらはオーソドックスなビッグバンドスタイルです。世界的に経済的に疲弊している今は、ビッグバンドは経営が難しいようで、あまり聞く機会がありませんが、こんなところにビッグバンドが生き残ってるのは大変嬉しいです。なんてったって、ビッグバンドの破壊力はロックなんて全然敵わないほどの凄さですから。しかもこのバンド、嬉しいことにレベルも高いです。想像ですが、昔ジャズメンを目指したけど、方向転換して教師なったとかいう名物先生がいて指導してるんじゃないでしょうか。映画「Swing girls」のモデルはこのバンドのようですね。

It Don't Mean a Thing - Big Friendly Jazz Orchestra BFJO



ここにちょっと出てくるのがその先生かも
スポンサーサイト

コメント

No title

高砂高校ジャズバンド部顧問(最近 他校へ転任されました)のインタビュー記事サイト

http://kobejazz.jp/jazz_people/vol13.html


Route-66 の Pf 奏者は

 小曽根 真 氏の父 小曽根 実 氏 です

通りすがりさん江

イヤー、情報大変ありがとうございます。高砂高のセッションでピアノを弾いてるおじさんは小曽根真氏のお父さんとはね。それと、顧問の先生の情報もありがとうございます。選曲がオーソドックスのものが多いので、もっと年の人かと思っていましたが、以外とお若い方ですね。小曽根真と同級生なんでしょうかね。それにしても神戸って音楽的に良い環境にありますね。

No title

高砂高校ジャズバンド部の選曲は最終的には生徒が決めるみたいですよ。
OBさんの運営されるブログ

http://blog.livedoor.jp/bfjo/

通りすがりさんへ2

またまたありがとうございます!

なるほどね、生徒が決める選曲ならやはりオーソドックスなとこに落ち着くでしょうね。

ご紹介のブログ見ましたよ。多くの高校生が良質の音楽とともに生活しているのを見て、日本の将来が明るく見えてきましたよ。

それに引き替えTVなんかのぶざまな音楽はなんなんでしょうね、まったく。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。